女の人

不動産投資に潜む様々なリスク|不動産情報でリスク回避

メリットとデメリット

家賃収入を得ることができる不動産物件を、収益物件といいます。大阪で収益物件に投資する場合にはメリットとデメリットをよく見比べた上で投資するか決めましょう。不動産投資は大きなお金が動くことになるので、慎重な判断が求められます。

不動産投資のリスク

住宅

不動産投資は、安定した家賃収入を得ることのできる魅力的な投資商品ですが、その反面大きなリスクも抱えています。不動産投資にはどのようなリスクが潜んでいるのでしょうか。
まず、不動産投資は一千万円以上という高額なものなので、経済的なリスクにさらされることになります。金利が1%違うだけでも大きな損害に繋がる恐れがあります。リスクは市場の動きと連動しているので、常に不動産情報をチェックしておきましょう。
二つ目に、不動産には金利上昇のリスクが潜んでいます。現金一括で購入する場合には問題ないのですが、ローンで購入した場合は、将来的に金利が上昇することも想定しておかなければなりません。金利は支払い終わるまで変動しない固定金利と、定期的に変動する変動金利の二種類があります。固定金利は変わることのない安定感はありますが、その分金利は高めに設定されています。変動金利は常に何%になるかわかりませんが、その分固定金利よりいくらか安く設定されています。他にも増税リスクなど、不動産は長期的に所有する分、将来のお金の動きがわからないという不安は拭い去れません。また、不動産には運用リスクも付きまといます。入居者がいなければ家賃収入が得られない空室リスクや、家賃が滞納すれば家賃滞納リスクなど、運用するうえでトラブルに巻き込まれることもあります。地震や火事といった災害が起これば莫大な修繕費が必要となる修繕リスクも生まれるので、不動産投資を行う場合は、様々なリスクを想定した上で利用しましょう。

家賃債務保証とは

家賃債務保証とは、高齢者や外国人などの家賃支払いに不安を感じる世帯が、入居を拒まれることが無いように作られた制度です。家賃の支払いが滞っても、代わりに支払ってもらえるので、マンションの管理人としては便利な制度です。

管理会社の選び方

個人でマンションの管理を行うのは難しいものです。家賃回収や清掃、警備など、マンションに関する業務は全てマンション管理会社に委託依頼しましょう。管理会社は口コミで評判の良い業者を選ぶと、住民から喜ばれます。