男性

不動産投資に潜む様々なリスク|不動産情報でリスク回避

メリットとデメリット

男の人

収益物件とは、マンションやアパートのように家賃収入を得ることができる不動産商品のことを指します。大阪で収益物件への投資を考えている人は、実際に投資を行う前に、大阪での収益物件に投資するメリットとデメリットを知っておきましょう。
収益物件へ投資するメリットは、手持ちの資金が少なくても、金融機関からの事業融資で投資できます。不動産で得た収入は、サラリーマンの副次収入として認められるため、自己年金として将来のために役立てることができるのです。家賃は下落しにくいという特性があるので、空き家を出さない限りは、不動産投資の中では最も安定した安全な運用をすることができます。株やFXのように世界中のどこからでも投資することができるので、近隣だけでなく離れた場所の収益物件を所有することができます。このようにメリットを並べると非常に魅力的に見える、大阪への収益物件投資ですが、もちろんデメリットも存在します。
収益物件は、周囲の環境によって作用されます。不便な場所にある場合は入居者が現れず、家賃も低く設定しなければいけません。収益物件を購入した時には豊かだった場所でも、過疎化が進んで入居者が減るということも考えられます。賃貸経営には様々な業務が伴います。物件の家賃回収や清掃、警備など、自分で行うにしろ管理会社に任せるにしろ、お金や労力を失うことになります。収益物件が老朽化したり、災害に見舞われて破損した場合は、修繕費に莫大な費用を捻出しなければいけません。このようにデメリットもたくさんあるので、メリットと比較した上で、大阪で収益物件に投資するかよく考えて決めましょう。